ライティングに欠かせない3つのポイント!文章力UPに役立つ記事

ライティング

これからライティングスキルをつけたい、ついでに文章力も身に付けたいと思ってることと思います。記事を書き始めてみると「何を書いていいのか分からない、基礎が分からない」と感じている人も多いでしょう。 

この記事を見てもらうと、「伝わる文章」が身に付き、今までとは、打って変わって確実にステップアップすることができます。 

もちろんですが、自分の努力次第で可能に。スキルもさまざまありますので、最初の段階で覚えておいて損はない3つのポイントについて説明します。まずは、こちら 

ブログ運営

手軽に誰でも始められるようになった「ブログ運営」でのライティングは、初心者にとっては厳しい面でもありますが「スキルを身に付け」うまく活用することができれば、確実に成功する日も近くなり「強力な武器」になります。 

ライティングスキルを向上すれば集客が増えて収益にもなり、それが大きな自信とつながります。 

では、初めにスキルアップに欠かせない最も重要

3つのポイント!

「情報収集や記事構成」以外にもいくつかあるので紹介します。

  1. リサーチ
  2. コピーライティング
  3. ライティングで気を付けること

これについて解説します。

① リサーチについて

説明します。ライティングを始める前に、読者(悩み)を徹底的にリサーチしましょう。まずは、

  • 設定:悩み? 読者の立場になって情報収集する
  • リサーチ:解決策? 上位サイトを絞り込む
  • リサーチ:理由? 信頼性あるかどうか

このようにリサーチすれば

何を書いていいのか分からない、どんな内容を書けばいいのか」といったことが解消できます。

自分のもっている知識だけでクオリティの高い文章を書くことは不可能です。

まずは、リサーチする習慣をつけるとよいです。どんなに文章力がある人でも、知識がなければ文章を書くことができないからです。 

リサーチを極めて「武器」にしよう。 

リサーチは段取りという感じで考えると分かりやすいです。

仕事でも段取りが7割といいますので、作業が3割としましょう。(たぶんね!) 

リサーチ力でライティングの質も変わってきます。ググればさまざまな情報が溢れています。しかし、皆と同じでは意味がないので被らないようにリサーチすることです。 

例えば、書籍や新聞、SNSの文章に触れ、刺さる文章や心に残ったキャッチコピーがあれば、ノートに書き写して自分色にしていこう。 

それでもうまくいかないです。そこで次の策が

② コピーライティング 

写経で書き方や文章構成が学べます

伝え方や言語なども学ぶことがたくさんありますので、慣れるまでは、プロの記事やハウツー本を見て記事を実際に書いて頭に叩き込もう。

よく言うインプットしてアウトプットて、ことです。 

また、ライティングには型があり、テンプレートにそって構成していきます。 

下記のように文章構成も覚えておこう。 

結論と主張 
理由 
具体例 
結論 

この順序が理想とされてますので、それに沿って箇条書きしていきます。これを繰り返すことで何となく文章のパターンが分かるようになります。 

また、「句点、読点、接続詞」などたくさん覚えることがあるので、少しずつ時間かけて学んでいこう。

そして、慣れてきたら今度は、実際に記事を書いてみる。文字数もこだわらず数記事でもいいいので書いていく。 

何をやっても「そんな簡単にいきません」ので、できる限りやって見ることの1つに

ペルソナ設定 

架空の読者(ペルソナ)を設定しよう。

検索されるであろうキーワードから推測して、検索意図を考慮してライティングを行うことで

ターゲットに刺さる文章

ターゲットを絞ることで、よりいっそう文章が書きやすくなります。「年齢や男女」でも捉え方が変わるので、絞ることで具体的な内容も質も上げることができるので的確実に狙うことができます。 

 また、質を良くするために

PDCA 

PDCAとは、(計画、実行、評価、改善)を繰り返し、品質を管理改善していく手法を指しますが、ライティングのスキル向上において重要な施策といえます。 

  • Plan(計画) 
  • Do(実行) 
  • Check(評価) 
  • Action(改善) 

目標を達成するためのプランがありこのような内容で深堀していきます。

  • 誰が(Who) 
  • いつ(When) 
  • どこで(Where) 
  • 何を(What) 
  • なぜ(Why) 
  • どのように(How) 

という「5W1H」の要素を意識して

具体性のある目標やアクションプランを設定することが重要です 

計画に従って実行していく 

実行に移してみた結果、「有効だったのか、別の方法が考えられないか。」などを検証することです。 記録することで、色々な問題の解決にもつながる。 

目標が達成できているか 

計画通りに進まなかった場合は、その原因の分析をします。具体的根拠として、検証結果としてまとめあげることができるのです。 

分析・検証について改善点を考え

いくつかの視点を改善など、選択肢その中からこの先の課題を検討、決定していくのです。 

「何を?」「なぜ?」「どうやって?」と、どんどん問いかけて掘り下げていきます。

 

③ ライティングで気を付けること 

友達との会話するときの言葉を、そのまま文章にしてしまうと読む文章に合わないことがあります。 

例えば「食べれる」は文章に直すと「食べられる」 

また、「すごく小さい」は「とても小さい」にきちんと直しましょう。 

普段使ってる言葉を文章に入れる時は注意しよう。間違いを見つける方法は、読み返したり、誰かに記事を見てもらうといいです。 

たくさん文章を読み、触れて覚えていくしかないです。 

続けてしまう同じ文章 

慣れない人は「〜ます」「〜です」と同じ文章を繰り返していることがあります。 

これは「〜ます」が何度も続いて、文章が機械的で変化を感じられません。

表現を変えることで感情を出すことができ、読みやすい文章になるのです。 

「てにをは」を理解する 

てにをは」とは、文章のニュアンスを変えたり、前と後の関係性を明確にする助詞のことで、自然に使っている言語なので、文章を読んでいておかしいと思ったら、「てにをは」に問題があるかもしれません。 

例えば「牛丼をお願いします」 「牛丼でお願いします」  

ライティングにおいては、読者に印象を与えることがポイントです。そのため、ここでは「牛丼をお願いします」の方が読みやすいです 

適切に句読点を使う 

文章に使われる(句点)と(読点)を合わせて句読点と言います。

こうした記号は文章の区切りや息継ぎ部分となるため、適切に使いこなさなければいけません。

長い文章で読点が1つもないと、かなり読みにくいです。 

ブログ運営が上手くいかない理由 

最近では、ブログ運営をやってる人が増えているので、敵が多すぎてかなりキツイ状況になってます。 アフェリエイトサイトの多くはレベルが高く初心者には食べていくのは競合が多く大変とよく言われてます。 

また、才能はあるのに上手くいかない人もたくさんいるはずです。 やめようか迷ってしまいますよね! 

ですが、初心者ながら稼げてる人もいます。ブロガーがよくいう「毎日の積み重ねで稼げるようになる」といってますので、諦めずに頑張ってみよう。 

また、そんな時は、「継続は力なり」と思い込みコツコツ積み上げて一緒にがんばりましょう。 

ライティングが向上しない理由

  • 基礎ができてない
  • 前に進んでるのかどうか分からない 

といったことにぶち当たると思います。「どうすればいいのか」下記を見て記事を書いてみて下さい。

重要なのは、字より質を大事にするといいです。 では見ていきましょう。 

設定をする  

読者が抱えている悩みや問題を明確にする。

  •  悩み問題を設定
  • 具体的かつ明確にする 

読者の的をえてるか。タイトルは魅力的か「ベネフィット」を意識してるかなど明確にする。

リサーチ 

先ほどもいった「リサーチ」です。情報はたくさん集める。 

  • 並び変える 
  • 足したり削ったり 
  • 整える 

理由や根拠なども問いかけて探りを入れましょう。 

骨組を組み立て 

自分が読みやすいように組み立てていく 

  • 結論:解説ポイント  
  • 理由:結論の理由    
    具体例:理由を裏付けするような具体例  
    結論:ポイント・結論を繰り返して述べて、まとめる 

こんな感じで進めていきます

  • 文章を埋めていく 
  • 短い文章で分かりやすく見やすく 
  • 箇条書きしていく 

「ここまで説明されても分からない」ということもあります。(自分もそうでした??こんな感じでした、今でもね)

まずは自己流でもいいので書いていく。それに、文章を付け足したり、削ったりして覚えていくしかないです。

最後に 

整える 

最後は埋めた文章を「足したり、削ったり」して整えます。 

  • 詳しく解説する 
  • 分かりやすく

できあがったら、間違いないかもう一度みる。 

てことを、地道に積んでいくことで少しずづですが、ライティングスキルが身に付いていきます。(数か月前とは多少なり変わってくるのが実感します)

まとめ

簡単にだれでもブログ運営ができるため競合が多すぎて、収益までつながりません。

上記のように徹底的にできたとしても「うまくいかない人がほとんど、とブロガーが」いってます。ですが、こんなことも

地道に継続することでスキルが上がりますよ。ともいってます。

つまり「時間と意志と努力」がかなり大変だけど積み重ねていけばものにできます。と。

最後におさらいすると

上記のようにライティングを意識して、世の中にあふれる文章を読むことで、「上手い・下手な文章」の見分けがつくようになるはずです。気になった文章を「見つけて、分析して、真似して」みましょう。そうすることで、ライティングのスキルはぐっと上がっていきます。

タイトルとURLをコピーしました