アジア旅行【世界遺産の旅】世界を感じて楽しもー

海外

アジア世界遺産の旅!近くの世界遺産を見るにはどこがいいのか?と悩んでいる人ももいると思います。

そこで、これから世界遺産の旅行を考えている方に少しでも役に立てればと思いおすすめの場所を用意しましたので参考にみてください。

まずは日本人にも住みやすい国ランキングにも入るタイを紹介します。

タイの魅力と世界遺産

日本からタイまで(バンコク)までは、6時間~7時間ぐらいかかります。チョット遠いですが、寝てればすぐに到着です。

エリア別・タイ :: 世界への旅(旅行記)【憧れの大地へ】

また、バンコクからも遠いでが、スコータイまで約440キロにあるタイ北部の南端の位置にあります。

バンコク~アユタヤ~スコータイの道のりです。

壮大な土地で一日で全部見れないとのことです。バンコクからもチャーター便があるのと、電車とバスでも一泊二日がいいとのことです。ではまず見てみましょう。

タイの世界遺産どんなものか?

アユタヤ

バンコクから日帰りで行ける!タイの代表的な世界文化遺産「アユタヤ」

スコータイ地図 - 旅行のとも、ZenTech

タイの代表的な世界文化遺産「アユタヤ」

1300年代~1800年代には日本人が暮らしていた町もあり、17世紀に山田長政が商業・軍事の両面で功績を残したことでも知られています。

バンコクから世界遺産・古都アユタヤまで、車や電車で片道およそ1時間半~2時間で付きます。

物価が安くて人気があり、電車、バス、タクシーが日本の半額ぐらいとなってます。

ワット.ブラ.マハタート

 

バンコクから近いタイの世界遺産「アユタヤ遺跡」ワット・マハタート奇跡の仏像として知られています。木の根に仏像の頭部が印象的ですね!エイリアン?あるいはジブリっぽいイメージですね!早速行きたくなりますね。

タイで最も人気のある世界遺産になってます。バンコクから北上したとこにあるアユタヤ遺跡です。

遺跡めぐりは、強い陽射しを避けた朝夕がおすすめ。アユタヤ島の南東にある鮮やかな壁画と彫刻が見事なワット・スワン・ダララームも見どころのひとつです。

ワット・プラ・シーサンペット

王の遺跡がが眠ってる王室寺院です。

膨大な土地です。写真だけでも想像でも伝わります。

バンパイン宮殿

2020年 バンパイン宮殿 - 行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー

歴代の国王たちが夏を過ごす別荘として利用してた。見どころ満載で庭園がキレイで見る価値があります。

アユタヤ~スコータイまで車で4時間となってます。約350キロありますので日帰りはおすすめしません。1泊2日で行くのがいいようです。

タイは年間を通して気温が高めで、気温は30℃以上になります。
雨季と乾季の他に暑期が3~5月にあり、40℃に達することも。6~10月の雨季も冠水クラスの雨が降ることがあるので注意が必要。
なので、寒暖差や空調への対策に防寒着がほぼ必須です。
 
次はスコータイ見てみましょう。
 

スコータイ遺跡

スコータイ歴史公園

バスでチェンマイから世界遺産スコータイ歴史公園への行き方 | アジアバックパッカートラベル

スコータイとは、パーリ語で(幸福を生む町)(幸福の夜明け)と訳されてます。

スコータイについてチョット解説です。

強力な軍事力とスコータイは美しい国ぞ、水に魚棲み、田に稲穂実る、と当時の碑文が謳ったような豊穣な大地を誇り、第三代王ラームカムヘーンの時代にはその勢力が絶大なものに。

近隣諸国はもちろん中国などとも積極的に関係を結び拡大していきました。

そんな当時の栄華を偲ばせる荘厳で美しい遺跡は、東南アジアで最も価値のある史跡のひとつとしてユネスコの世界遺産にも登録されています。

青空の下の壁の後ろに座って仏跡の写真はタイ、スコータイの寺院寺院で世界遺産 の写真素材・画像素材 Image 76411719.

photo
周りは4つの池に囲まれていて、8つのお堂と10の礼拝堂で構成されています。
台座に残る柱から、当時の栄華を想像することができます。
遺跡の台座の上には観光客も入ることができるので、大きなブッダの坐像にお参りをしましょう。
 

ワット.サパーンヒン

 
道が悪いですが階段を上りきると、頂上に行けスコータイ遺跡を見下ろすことができます。絶景を楽しめるようになってます。
想像つきませんね!見どころ満載としか言いようがないです。
まだまだ見る所が多くあります。200もの遺跡があるのと遺跡以外にもスポットも多くありますので

少しだけ覗いてみましょう

ブーケット島巡り

タイの島巡り 4 | 古株未亡人の日記
 
タイの南部アンダマン海に面する、世界有数のリゾート地と知られる、エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜の美しさから「アンダマン海の真珠」と称されています。
島内で最も賑やかなパトンビーチでは、タイならではのエンターテイメントやショッピングなどが楽しめる施設が充実していて、アクティブ派の観光客に人気です。
プーケット・タウンと呼ばれる旧市街は地元の人々の生活の場となっています。
プーケット | 【公式】タイ国政府観光庁
 
バンコクから約860キロ 便で2時間で+料金も1万前後です。安いので行きたくもなりますよね!サムイ島、ピピ諸島、シミラン諸島、などあります。
 
周囲を珊瑚礁に囲まれ、多種多様の熱帯魚はも
ちろん、マンタやジンベイザメとの遭遇率も高く、
ダイビングのライセンスがなくても、シュノーケリングを楽しむことも可能です。
 
近年は、プーケット島リピーターをはじめ、宿泊施設もさらに充実してきました。
トレッキングやラフティングなどの山のアクティビティーも人気です。
 
休みを満喫できることでしょう。
 
色んな体験が盛りだくさんです。
 
虎と動物ショー、像乗り体験、ナイトクルーズもあります。朝から~晩まで遊びつくせます。なので人気の高く行きやすく、料金もお得というわけです。
 
気になった方はツアーを見てみるのもいいいですよ!

まとめ

タイ卒業旅行におすすめ◎タイの基本情報とおススメ観光エリア7選 | IMATABI(イマタビ)

バンコク3大寺院、定番とも言える人気のコースです。
王室専用の寺院が集まる、タイで最高の地位と格式を誇る仏教寺院です。

スコータイ遺跡も迫力がありましたね。距離は遠いですが、見る景色がガラッと変わりますので、足を運んで見てください。

アユタヤ時代に建てられた「ワット・アルン」(別名「暁の寺」)は、夕暮れ時に川に映る姿が美しく、バンコクを代表する風景のひとつとなっています。

プーケット島内観光/フォトジェニック | タイの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ダイビング、山も海あるので、アクテビティもできます。出来ないことの方が少ないです。

マラソン、トライアスロン大会とかも開催してるので、楽しむのに最高の場所といえます。

ホテルではゴルフ場、古式マッサージ、ジム、岩盤浴も入ってるので満喫感がすごいです。

ぜひタイに来たら寄ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました