髭が気になる男子中学生!剃り方4つのコツ・おすすめアイテムも合わせてご紹介

脱毛

中学生になると気になってくるのが毛の悩み、「髭・ムダ毛」を剃るためにカミソリを使うのが一般的です。 しかし、はじめてカミソリを使うため下記のような剃り方や毛の量で悩んでいませんか。 

カミソリで剃り残しが多くキレイに剃れないです。

髭を目立たなくする方法・剃り方のコツはあるのでしょうか?

周りと比べて髭が濃いし、毛の量が増えてきた感じがするので、恥ずかしいです。なんとかなりませんか? 

そんな悩みを解決します。目立つ部分、「顔」は特に気になるし、周りに気付かれないようにしたいはず。友達と比べてしまいコンプレックスになってしまう人も多くいると聞きます。 

そこで、「カミソリで髭を剃る4つのコツ!」肌を傷めずに深剃りできる適切な方法・剃る前後について解説しています。また、おすすめアイテムも紹介していますので参考ください。 


ヒゲが生えはじめてきた中学生!剃り方4つのコツ 

成長期に入る中学生の毛の悩みは男女とも個人的で深刻な問題。学生生活にも及び楽しくできるものも毛の悩みで…。という方もいるでしょう。

そこで、カミソリは手軽に処理できるのはいいのですが、はじめてのため上手く剃れないこともあるでしょう。 まず剃り方のコツ!前後について解説します。

  • 髭を柔らかくする 
  • 3枚刃以上のカミソリを使う 
  • シェービング剤を使う 
  • アフターケアでしめる 

このような手順で行えば髭を剃りやすくなります。さらに深剃りできるので剃り残しを減らせます。次に剃った後の、アフターケアをしっかりすることで毛が伸びてくる毛周期を遅らせたり、毛を薄くさせる効果、肌荒れの防止にもなる保湿は大切です。

また、 髭は寝ている夜中に再生されるといわれているので朝に剃るのがいいでしょう。 

髭の剃り方①「毛を柔らかくする」 

はじめてカミソリを使うほとんどの方は、上手く剃れず悩んでしまうものです。そこで簡単に剃り残しがないようにする方法は、毛を柔らかくすることです。 

シェービング剤を使えば、毛を柔らかくする必要はないのでは? 

このように思いがちですが、シェービング剤を使っても剃りずらいこともあります。毛をぬるま湯で温めて柔らかくする(温めたタオルで顔を浸す)、面倒な手間がかかりますが、皮膚のトラブルは軽減します。 

カミソリ負けで剃りにくい 

髭は乾燥している場合、硬くてカミソリ負けで剃りにくくなります。シェービングをつけたとしても毛が引っかかってしまい肌荒れの原因にもなりかねません。 

たとえば、イボやニキビがあるときには勢いで皮膚を切ってしまい出血した場合、3.4日間はヒリヒリと痛みとともに生活することになるのです。 

ですから髭を剃る前は、できるだけ髭を温めることでスムーズに剃れて短時間で処理でき、さらに肌の負担を抑えることができます。 

髭の剃り方②「3枚刃以上のカミソリを使う」 

カミソリの選択ミスで思うように剃れないこともあります。使いづらさ・肌の相性・好みなどもあるでしょう。そこで以下を基準として参考ください。 

  • 2.3枚刃:毛が薄い・やわらかい・肌荒れしやすい方 
  • 5.6枚刃:毛が濃い・量が多い・太い方 

カミソリ負けで肌が荒れる人は、電気シェーバーや脱毛器で処理するのもいいでしょう。カミソリは使う頻度により刃の切れ味も悪くなりますので、定期的に刃を取り換えるようにしてください。

カミソリの種類で悩んでいるでいる人も多いかと思います。

そこで、安くて使いやすいものを検討してみてください。結局のところ使い捨てになるかと…良いものがドンドンでてきているので、刃だけではなく本体も取り換えて、肌に合うものを探していくといいでしょう。

髭の剃り方のコツ③「シェービング剤を使う」 

毛を柔らかくし、お気に入りのカミソリを手にいれた次は、シェービング剤でまんべんなく髭に馴染ませて剃ることです。特に気をつけたい要点は下記の通りです。 

  • 顔の部位によって毛の流れが違う 
  • 手で確認して、しっかり剃れているか確かめる 
  • 肌に合うシェービング剤を使う 
  • 顔の部位によって毛の流れが違う 

髭の部位により生えている向きが違うので、毛の方向に剃るようにしましょう。特に口周りは人によって生え方が異なります。

シェービング剤は、好みによるのかもしれませんので、しっくりくるのも選択するといいでしょう。こちらの「クリームタイプ・ジェルタイプ」も参考にしてみてください。

しっかり剃れているか確かめる 

ニキビがあったりすると出血がでたりすることもあるので、手で確認しながら、逆剃りもしたり

肌に合うシェービング剤を使う 

シェービング剤は種類が豊富で、どれが肌にあうのか!それぞれ試してみて自分にあったシェービング剤を使うようにしましょう。 

中学生!髭の剃り方④「アフターケア」 

髭剃りの後は、肌の保湿「アフターケア」で肌のダメージをカバーしてくれます。 

髭剃り後、赤くなるのはカミソリで肌が傷ついている証拠です。肌の表面まで削ってしまうことも少なくありません。 すると、水分がなくなり乾燥してしまうことも考えられるため潤い・肌荒れの防止に保湿は欠かせません。 

保湿アイテムの選び方 

まずはローションタイプ・クリームタイプ両方を使ってみて肌との相性などみて判断しましょう。下記は参考程度に検討してみてください。

  • 敏感肌はローションタイプ:ヒアルロン酸配合でアルコールが入ってないものを選ぶ 
  • 乾燥肌はクリームタイプ:シミ・そばかすを防ぐ効果があるビタミンC・プラセンタ配合のものを選ぶ 

また、香りもチェックしたいポイントではないでしょうか。ちょっとした香りが付いているものもありますので、実際に使ってみることで好みなのか?などはっきりします。 

こちらはAmazonで人気のあるものをピックアップしましたので参考程度にしてみてください。

アフターケアで毛の伸びを遅らせてくれる働きもあるので、髭剃り後には肌に潤いを与えましょう。

まとめ:髭の剃り方を工夫することで、無毛に近づく!

中学生向けに、髭の剃り方を紹介してきました。剃り方を分かっていても剃り残しはあったりします。ぼくも中学生活はよく無理にでも深剃りして目立たなくしていました。そのため、肌荒れや出血することもしばしばあったり、そんな生活でした。

しかし今では、髭を薄くしたりしてくれる商品があったり脱毛器・脱毛サロンもあります。中早い段階で髭・ムダ毛の脱毛をしていれば大人になる頃には毛をなくすこともできます。

剃り方・アフターケアをしっかりして学生生活を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました